令和もこべえ

仕事をしている人が意識する方が良いことや、我が国の在り方の改善策について述べるかも🐈

ありがちかつ超重要なこと😸

 教職員採用選考に限らず、大方の役所や大企業、中小企業等の面接にも飛ぶ質問は「あなたはどのような社会人(この場合は教職員)を目指しますか?」という者だろう。これにはいろいろと奇をてらったような回答も想定されるが、オーソドックスなのは、「何事にも前向きな人(教職員)を目指したいと思います。」ではないだろうか。

 その理由が追加質問で来ると思うが、それについての回答の一例を挙げる。それは「いつも明朗な教職員を、子どもたちは望んでいると考えるからです。そして何事にも粘り強く前向きに考えていくことが大切です。」程度でよいだろう。

 また「教育には、人間的なふれあいが大切です。そのためにあなたはどうしますか?」という問いもなされる。これには「子どもの表情やしぐさから氣持ちを読み取れるように、一人ひとりの子どもをよく見るようにします。会話は受容と共感の氣持ちを忘れずに、温かい言葉かけをします。」等で良い。

 あまり変化球を投げずに、こういうのはストレートでよいのではないだろうか。現に、意表を突いた回答は面接担当者から「理屈っぽい」と思われやすいようである。総合的にプラスには働かないと思われる。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対内定2023 面接の質問 [ 杉村 太郎 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/5/16時点)

楽天で購入