令和もこべえ

仕事をしている人が意識する方が良いことや、我が国の在り方の改善策について述べるかも🐈

教職員に一番必要な資質とは?😸

 この問いへの回答については、個々人が思うことはあるのではないだろうか。専門性こそ重要と言う人もいれば、明朗さが全てという人もいるようである。こういうときに参照すべきなのは、(面接を通過する点では)文部科学省より出された「あるべき教師像」であろう。これを踏まえた回答が求められている。

 文部科学省が掲げているのは「教職に対する強い情熱」「教育の専門家としての確かな力量」「総合的な人間力」の3つである。これら3つ(特に情熱と人間力)は数値で測定できないので把握しにくいが、これらの要素を兼ね備えていることが求められている。よって、情熱・力量・人間力に絞ればよいであろう。

 質問例として考えられるのは「さまざまな教育課題のある中、教職員に一番必要な資質とは何だと思いますか?」である。これへの回答例の一つは「児童生徒への教育的愛情だと思います」程度でよい。次に飛んでくるのは「なぜそのように思うのですか?」であろう。これには「教育的愛情は教育の出発点で、愛情のない教育はあり得ないからです」とでもいえるであろう。

 まず思うところを聞き、次にその理由を聞く、という流れであったが、さらに飛んでくるのは「そのためにあなたはどのような努力をしていますか?」であろう。これには「いろいろな人やあらゆる出来事から生き方を学んでいます。教職員になってからも、自分を磨く努力を常にしていきたいと思います」などでよい。たゆみなく前進する姿勢が求められているようである。

 このような問答は、点数化しにくい(採点者の好みで点がついてしまう)ようにも思われるが、オーソドックスな回答は身に付けておいてよいかもしれない。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガイドライン学校教育心理学 教師としての資質を育む [ 大野木 裕明 ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2022/5/16時点)

楽天で購入