令和もこべえ

仕事をしている人が意識する方が良いことや、我が国の在り方の改善策について述べるかも🐈

学校側が氣をつけるべき個人情報の保護について🐈

 教職員が学校の帰りに買い物に寄り、自動車の中から私物のPCやUSBが盗まれるという事件が起き、それらに児童生徒の試験成績一覧などが入っている場合、大問題となる。こういう情報が流出したというような、あるまじき事故が散発的に起きている感がある。

 学校や教職員は、児童生徒の個人情報として、指導要録・家庭環境調査票・通知表・出席簿・健康診断票・卒業生名簿・緊急連絡網・性格テスト結果・知能テスト成績等、多くの個人情報を持っている。子ども一人ひとりを理解し、指導を進めるためには、個人情報の収集は不可欠と考えられている。また、児童生徒や保護者が学校側の要求に応じて個人情報を提出するのは、学校や教職員を信用しているという前提がある。しかし、教職員の不注意で情報が漏れたり、その情報が悪用されたりすれば、児童生徒の人権は侵害され、学校や教職員を信用するのは難しく感じるようになるといえる。そもそも教育成立の条件は、学校や教職員と、児童生徒や家庭との間の信頼関係があることである。

 具体的な対策方法は、通知表や試験などは教室には置かない、職員室の机の周りは常に整理整頓し、不要になった文書は必ずシュレッダーにかけるなど、情報の不要な流出には注意することなどであろう。指導要録や知能検査テストの成績等の重要なものについては、絶対に学校から外に持ち出さないようにしたい。私物のPCやUSB等に記録して不用意に校外に持ち出すことは、盗難や紛失の恐れがあり危険である。個人情報の取り扱い規則を学校として定めて、それを全員が厳格に守っていくことも必要である。

 それでもやむをえず個人情報を家に持ち帰る場合は、必ず許可を得たうえでほかの場所に寄らないで帰宅することが必要である。さらにかばんは常に身に付けること等を徹底させ、最善の注意をしていくことが肝要である。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DAIKIN S25XTES-W ホワイト Eシリーズ [エアコン (おもに8畳用)] 2020年
価格:60280円(税込、送料別) (2022/6/23時点)

楽天で購入

 

How to solve an inequality. 不等式の解き方🐈

 Let's solve the following linear inequalities. 

① 5x>x+21

② 2x+7≧9x+35

 

① First, in the same way as a linear equation, when calculated after moving the letter to the left side and the term with only numbers to the right side, it becomes 4x is greater than 28. Next, divide both sides by 4, the coefficient of x. Because 4 is a positive number, the direction of the inequality number does not change, and x is greater than 7. 

    x>7

② When rearranged, it becomes negative 7x is greater than or equal to 28. Divide both sides by negative 7, the coefficient of x. Because negative 7 is a negative number, the direction of the inequality sign is reversed, and x is less than or equal to negative 4. 

    x≦-4

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品未開封  保証未開始】iPad 10.2インチ 第9世代 Wi-Fi 64GB MK2L3J/A シルバー
価格:46848円(税込、送料無料) (2022/6/20時点)

楽天で購入

 

いじめ・不登校・災害等、あらゆるトラブルへの対応策🐈

 どんな場所にでもいじめ(というか犯罪)や出勤拒否・災害対策は必要である。こうしたトラブルへの備えは、どんな場合でも2つしかない。それは、予防と事後対応である。今回はそのことについて述べようと思う。

 予防については、いじめや出勤あるいは登校拒否については、対象者の社会的な知識や心理面での強さが重要である。むろんこういう事例では悪いのは100%加害者であるが、被害側もそうした加害側からの攻撃をはねのけることができれば、自分が被る損害を回避できるのではないだろうか。加害側へは、然るべき処罰が下されることが必要であることはいうまでもない。よく「このいじめは子どもがしたことだから」とかいうきれいごとを述べる頭の悪い学校や教育委員会もいるが、言語道断である。

 事後対応については、人間関係がらみはすでに述べた。災害の際の事後対応は、被災者への支援と復旧作業であろう。これらは政府の介入が大切であるので、それに期待するところが大きい。自衛隊への出場要請を意図的に見送った反社会集団の社会党民主党のような愚行は避けてもらいたい。

 

 

 

確かな学力育成について。建前と本音😸

 近年、学校での学習において、「確かな学力」というのがいわれている。語感から「文章が読めない」「計算ができない」という状態ではないことは分かるが、この「確かな学力」というのは、いったいどんなものであろうか?

 「確かな学力」がある状態というのは、「基礎的・基本的な知識や技能を身に付けている状態」、「基礎・基本を活用し、問題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力が育っている状態」のことをいうようである。では、これからこうした「確かな学力」を育成するために、何をしていけばよいのかということを述べる。

 まず学級の目標を設定することが重要なようである。そのためにはまず、生徒同士を話し合わせ、目標設定をさせる。そして、目標を達成しようとする意欲を育てることが求められる。教職員側は、具体的な教材や教具を活用した授業展開を準備することが期待されている。

 同時に、学んだことを繰り返し練習して身に付ける指導を継続することも必要である。繰り返し学習では、ゲーム化を図るなぞ工夫をして基礎・基本の定着を図ることが求められる。学校での学習の成果を、家庭地域でも活用する方策も講じたいところである。

 次に、互いを認め合える学級作りに取り組むことが肝要とされている。学級のなかで認められていると実感したとき、児童は自分の考えを表現したり、行動したりできるようになる。そこで生徒一人ひとりの長所を把握し、認め励ます指導を進め、互いを尊重する学級の雰囲氣をつくることが良いとされている。

 さらにグループ学習を進め、学び合う指導に力を入れることも念頭に置く方が良いとされている。体験的な学習を取り入れ、一人ひとりの興味・関心を高めるとともに、グループ別に課題を持たせ、協力して学習に取り組ませることも有効のようである。その際、学んだことをまとめて発表させる学習を進め、思考力・判断力・表現力を養うことも考えられる。

 最後に、自らが学び続けることが重要と考え、研究や修養に励むことが望ましいとされている。生徒からも学ぶという視点も大切であろう。

 

 

 

児童・生徒が交通事故に遭遇した場合の対応策😸💦

 担任(や副担任をしている)学級の児童・生徒が、「下校の途中に交差点で自動車と接触をする事故に遭った」という連絡を保護者から受けた場合、どのように対処することが期待されているかということを述べようと思う。

 教職員は、交通事故が発生したという情報を得たら、事故現場であれ、病院であれ、被害児童のいる場所に行き、声掛けを行い、安心感を与えるようにすることが期待されている。その際は、事故に遭って肉体的にも精神的にも大きなダメージを受けている児童・生徒の氣持ちを考える必要がある。けがの程度によっては、保護者は心配しているはずである。保護者の心情を察し、必要に応じて相談に乗り、親身になって話を聞く。その後、事故の状況や事故が起こった原因等を警察等に確かめるなどして、分かる範囲で調べ、学校に報告をすることが肝要である。

 事故に伴い、児童・生徒が入院したときは、見舞って児童に安心感を持たせるようにする。入院が長くなるときは、回復期を見計らい、学習の遅れが出ないように個別に指導したり、学習に使用した教材を届けたり、自学自習に取り組むよう指導する。

 次に、学級の児童に対しては事故の概要を伝え、子どもたちの心の安定を保つことを念頭におくことが大切である。心配する児童・生徒がいれば、話を聞き、精神面のケアをすることも求められる。

 さらに、事故の再発を防ぐため、交通ルールのいっそうの遵守・自転車の安全な乗り方等の交通安全指導の実施・集団下校時に互いに安全を確保し合う人間関係を醸成し、交通安全間隔を高めることも大切である。

 加えて、二度と同じような事故が起きることがないよう、通学路の安全点検を児童や保護者、地域の人々と協力して実施することも念頭に置くべきである。危険箇所があれば、改善するよう校長を通して教育委員会に要請することも必要である。

 このように教職員は、児童・生徒の登下校中の交通事故防止に努め、全力で児童・生徒の安全確保に取り組んでいくことを頭に置いて行動すべきといえる。

 

 

 

 

論文試験の攻略方法😸

 論文試験というのが、学部入試や公務員試験、司法試験などで実施される。この論文試験というのは、学部入試や公務員試験では「小論文」という名称で試験が行われる。司法試験では「論文試験」という名称そのままである。今回はこうした試験全般の対策について取り上げてみようと思う。

 まず小論文の書き方についてである。小論文では初めにお題の背景と問題提起を行う。その次の段落で対策方法を2つ程度述べる。そして最後に結論を書く、という構成が一般的である。独学で学習をする場合、この文章構成に氣付かないか、あるいは覚えても忘れてしまう場合が考えられるので、念頭に置いてほしいところである。

 司法試験の論文試験については、些末な暗記は不要というのが一般的である。そもそも司法試験対策については、最近はスマホアプリのstudyingなど、有用な対策方法が出てきている。こうした教材にある動画を流し聞きして、知識を頭に入れる。あとは、大手予備校(辰巳かTAC)の論文対策の教材で、試験対策をすれば万全と思われる。

 

 

 

 

「学級崩壊」予防・対策について😸

 学級崩壊や授業崩壊に苦しむ教職員は20年ほど前から話題となっている。現実にこうしたことに苦しみ、精神を病んでしまった教職員は多い。今回は学級崩壊・授業崩壊について述べようと思う。

 「授業開始のチャイムが鳴っても席に着かない」「授業中の私語が多く、教員が注意してもやめない」「掃除当番をサボる」など、学級担任の指導を子どもたちが受け入れず、授業が成立しなくなったり、規律や秩序が失われて学級がうまく機能しない状態が、いわゆる学級崩壊や授業崩壊といわれる。

 一般的に学級崩壊や授業崩壊を防ぐために最重要なことは、子どもたちにとって、分かるまで教えてくれる受容やしっかり活動させてくれる授業、最後まで聞いてくれる授業を継続することであると思われている。学校生活の大半は授業であり、授業内容がつまらない、自分たちの活動があまりできない、黒板に文字を書くだけであまり解説をしない等の授業が続けられていては、教員に対する子どもの不満がたまる一方のようである。 

 分かる授業・楽しい授業の実践、具体的にいえば、しっかりと教材研究をして、子どもたちが興味・関心を持つ導入を考え、適切な発問や支持を出す等の授業を行えば、子どもたちは学級をきっと好きになり、授業規律もしっかり守られるに違いない、という目算が普及しているようである。

 また、子ども同士の人間関係を良好に保つためには、どの子にも平等であることが必要である。掃除をしない等決まりを守らない子を注意しなかったり、一部の子のわがままを許したりするようでは、他の子にとっては看過できないものである。子どもにとっては友人関係が最重要な関係ともいえるので、最大限の配慮が必要といえる。

 さらに話し合いでは、誰もが何でも言える雰囲氣、間違ったことを言っても冷笑や無視をしない雰囲氣、皆で決めたことは皆がしっかりそれを守るような雰囲氣、それらができれば学級崩壊は起きにくいはずであると考えられている。

 以上にあげたことは、容易に達成できるものではないようであるが、教職員として学級経営に力を注ぎ、子どもたちから信頼され、保護者からも信頼されるような魅力ある学級作りをすることが期待されている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHARP (シャープ) AQUOS zero6 端末本体のみ (楽天モバイル回線なし) 新品
価格:69800円(税込、送料無料) (2022/6/10時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHARP (シャープ) AQUOS sense6 端末本体のみ (楽天モバイル回線なし) 新品
価格:39800円(税込、送料無料) (2022/6/10時点)

楽天で購入