もこべえ数学・社会塾

仕事をしている人が意識する方が良いことや、我が国の在り方の改善策について述べるかも🐈

自治体別学力調査で注目すべき点🐈

 学力調査がそろそろだなということで、一番みなの需要が大きい東京都教育委員会のホームページを見た。調査実施日は令和3年9月頃であり、調査対象は都内全公立小の第4学年から第6学年、および都内全中学校の第1学年から第6学年、さらに都内全公立義務教育学校中等教育学校における公立小・中と同学年の児童・生徒である。

 自分が注目したのは、令和3年度の調査から、児童・生徒がパソコンやタブレット端末を使用し、ウェブ上で質問に回答する方法に変わる点だ。ここにもGIGAスクール構想が波及している。また今回の一番の注目ポイントなのだが、学校で分析する際に氣を付ける点は次の2つだ。

 1つ目は、A問題(主として知識問題)とB問題(主として活用問題)のバランスに着目することである。受検する児童・生徒各人によりそれぞれが得意・不得意とする点に傾向があるので、結果を受けてそれらを分析することが、今後につながる。(つまり各人に焦点を当てた各能力の比較。)

 2つ目は、自分の所属する市(町や村の場合は、近隣の市に注目するのも良いかもしれない)内の学校での成績の分散具合と自校の位置を比較することである。これにより、自校の児童・生徒にはA問題に課題があるのか、もしくはB問題に課題があるのかを発見できる。(これは受検者と他者との比較。)

 東京都の学力調査では、新しい学習指導要領で育む資質・能力の「学びに向かう力、人間性等」のうち、「学びに向かう力」等を中心に把握していく。また、国の学力調査では、「知識及び技能」と「思考力、判断力、表現力等」を中心に把握していく。各学校では、都と国の調査結果を生かして、三つの力をバランスよく育んでいくことが期待されている。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料【中古】新 数学演習 2017年 10 月号 [雑誌]: 大学への数学 増刊
価格:1480円(税込、送料無料) (2021/7/20時点)

楽天で購入