令和もこべえ

仕事をしている人が意識する方が良いことや、我が国の在り方の改善策について述べるかも🐈

いじめによる自殺防止の方法再考🐈

 公立・私立を問わず、学校への就職ではいじめ問題への対応に関する問が必出といっても過言ではない。社会問題は公教育においても悪影響を与えており、いじめはその中でも最重要課題と言えるものである。今回はいじめについて取り上げてみたい。

 いじめに関しては、人間が複数いれば必ずいじめは発生すると考えておいたほうが良い。元来人間は、他者への優位性を示すことで、自分のアイデンティティを確立してきた歴史があり、これは性別を問わない。加えて言えば、家庭における教育の段階で、いわゆるいじめ教育が、人間をしていじめを覚えさせるものの一つに挙げられる。いじめ教育とは、親による高すぎる目標設定や、意味を理解させずに押し入れなどに閉じ込めること・締め出しなどである。こういう頭の悪い親は、猛省・改心してもらいたい。

 学校においては、いじめの発生の第一発見者になりやすいのは、同じ学級のクラスメートであろう。またいじめ発生が報告される際、報告を受けるのはクラス担任が最もよくある事例である。

 いじめに関してはよく、「いじめられる側も悪い」などという話があるが、この話については自分は真っ向から反対の立場である。つまり「いじめられる側は全く悪くない」という立場である。

 現代では、すれ違いざまに「うざい」や「きもい」などとささやく、SNS上で悪口を言うなど、面と向かってではない、陰湿ないじめが多くなっているようだ。対象とされた子どもが理解されず、居場所がなくなり、命を絶つという事例に対して、いじめ防止対策審議会や第三者委員会などが調査を行うと、学校が組織的かつ具体的で適切な対応をとっていれば、自殺を防げたという結論が出ることが多い。これは対応次第ということを意味する。

 いじめについての生徒からの報告を受けるのが一番多いのは学級担任であろう。よって学級担任は、新学期はじめの所信表明で「いじめは絶対に許されない」ということを宣言しておくのが良いと思われる。

 具体的な行動としては、学級の状況を観察し、ほかの子と離れ、沈みこんでいるような児童生徒をいち早く発見する。そして話をよく聞き、何があっても味方であることを告げて、全力で守るということを伝えると良いだろう。

 またいじめをしている児童生徒には、すぐやめるよう毅然とした態度で接する。そのうえでなぜそのような行動をとるのか、その心情を聞き、信頼関係をつくると良い。

 周りにいる学級の児童生徒には、見て見ぬふりもいけないことであることを伝え、教職員や友達に知らせること・すぐやめるように言うことを徹底させる。

 教職員ができることは「いじめ防止対策推進法」の内容を熟読し、自分の学級に置き換えて考えることも大切である。子どもたち一人ひとりが明るく気持ちよく学校生活を送ることができ、学級に温かい人間関係が築かれれば、いじめはなくなっていくだろう。

 一方、いじめは学級だけで解決できる問題ではないので、保護者の協力を求めていくことが必要である。いじめる側にも何か満たされないものがあると考えられるので、その原因を保護者とともに考え、原因を取り除いていくようにすることが不可欠である。

 加えて、道徳教育を核に、「いじめは人権侵害である」ことを伝えておく必要もある。日常的には、よい行いはできる限り褒め、規範意識や思いやりの心を育てる教育を進めていくことが大切と言える。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス -
価格:6732円(税込、送料無料) (2021/11/13時点)

楽天で購入