もこべえ数学・社会塾

仕事をしている人が意識する方が良いことや、我が国の在り方の改善策について述べるかも🐈

楽天モバイル:都市部では、お得度ぶっちぎり独走状態🐈

 長らくNTT docomo, au, Softbankによる牽引が続き、au 傘下のUQSoftbank傘下の Y! mobileが中心となり、展開されてきた通信業界。ほかにもMVNOと呼ばれる格安スマホ群があったが、スガ内閣が名指しで「我が国の通信料金は高すぎる。」と3大キャリアを批判し、革命が起きた。

スガ内閣の指摘を受け、先陣を切って動き出したのは業界首位といえる NTT docomo。傘下ではなくdocomoの独自ブランドとして ahamo を打ち出した。これが業界で最強・最高とうたわれるものであり、auの独自ブランドであるpovo、Softbankの独自ブランドである Linemo も生み出されたが、ahamo ほどのインパクトはない。ahamoは海外でも使え、povoやLinemo の性能を上回っている。まあ、国内にとどまる場合、影響はないが、今回 docomoが先陣を切って動いたので「天下のNTT docomo」の印象は定着したと思う。

そんな中、都市部においてはdocomoをしのぐか (?)と思われるのは、楽天モバイルの Unlimit 6 であろう。楽天モバイルが提供するこのサービスは、1GBまでなら無料、ミドルレンジのユーザーでもほかの会社より安く、20GB以上の大容量でも3000円程度と、ahamoを上回っている。

ただ、通信品質に関しては、NTTよりは劣ると言われている。使ってみて、そこまで大差はなく感じたが、氣になる人には氣になるかもしれない。しかし、通信料無制限で3000円というのは大きな魅力である。

資金に余裕のある方の場合、ahamo や ocn モバイルを1台めの通話用にし、2台めの楽天 Unlimt 6 端末をモバイルルーター替わりにするのも良いかもしれない。

あるいはそれが面倒だという人は、docomoで通信料無制限にするのも良いと思う。